• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《動詞「あ(生)る」の連用形からか》賀茂の祭のときの幣帛 (へいはく) 。榊 (さかき) に種々の綾絹 (あやぎぬ) や鈴などをつけたもの。