「ふ(降)る」の連体形にあたる上代東国方言。

「上野 (かみつけの) 伊香保の嶺 (ね) ろに―雪 (よき) の行き過ぎかてぬ妹が家のあたり」〈・三四二三〉

出典:青空文庫