• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代、上方 (かみがた) の遊郭で大門をしめる時刻を知らせるために打った太鼓。門限は、寛永(1624~1644)は四つ(午後10時ごろ)、貞享・元禄(1684~1704)ごろには九つ(午前零時ごろ)、宝永(1704~1711)初年には八つ(午前2時ごろ)であったという。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉