[動ラ五(四)]

  1. 時間・空間・数量・資格などに境をし、範囲を定める。「期限を十日と―・る」「申し込みは一人一枚に―・ります」

    1. 「荒いが此の風、五十鈴川で―・られて、宇治橋の向うまでは吹くまいが」〈鏡花歌行灯

    1. ㋐特にそれと限定する。「その件に関する―・り、問題はない」「うちの子に―・り、そんなことをするはずはない」→限って

    2. ㋑(「…に限る」の形で)他に、これに勝るものがない。最上である。「夏はビールに―・る」「こういうときにはその手に―・る」

    3. ㋒(打消しの語を伴って)そうと断定できない意を表す。「酒がからだに毒だとは―・らない」

[可能]かぎれる

出典:青空文庫

出典:gooニュース