近世、武士が陣中で、当世具足の上に着用した上着。普通は袖がなく絹・ラシャ・麻・革などで作り、刺繍 (ししゅう) を施したものもある。具足羽織。押羽織。陣胴服。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

出典:青空文庫