[名](スル)
  1. 学籍・戸籍や名簿などから名前を除くこと。

  1. 平安時代、殿上人 (てんじょうびと) が罪科や勅勘によって昇殿を停止されること。日給の簡 (ふだ) を除いて、名を外した。じょしゃく。

出典:gooニュース

出典:青空文庫