• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 墓地などで燃える、奇怪な青白い火。狐火 (きつねび) 。鬼火。

  1. 焼酎 (しょうちゅう) を浸した布切れを棒の先につけて燃やした火。芝居で幽霊の出る場面などに用いる。焼酎火 (しょうちゅうび) 。人魂 (ひとだま) 。

[演劇・映画/演劇・映画の言葉]カテゴリの言葉