• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 拍子木・どらなどの鳴り物入りで、役者の声色 (こわいろ) だけで芝居の一場面を演じる芸。江戸末期、隅田川の納涼船の中で見世物として流行。

  1. 陰で画策すること。