• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

陰陰滅滅の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

気分が暗く気の滅入めいるさま。また、暗く陰気で物さびしいさま。気分や雰囲気にいう。▽「陰陰」は薄暗く物さびしい様子。物さびしく陰気な様子。「滅滅」は生気がなくなり暗いさま。
句例
陰々滅々たる雰囲気、気分が陰々滅々として晴れない
用例
萩原家は陰々滅々、お化けの住処になりかねませんからね。<井上光晴・心優しき謀反者たち>
類語
陰陰鬱鬱いんいんうつうつ
活用形
〈―タル〉 〈―ト〉

陰陰滅滅の解説 - 学研 四字辞典熟語

気の滅入るような、暗いうっとうしい気分。薄暗くものさびしい雰囲気。
注記
「陰陰」は、陰気なさま。「滅滅」は、生気がなく暗いさま。
表記
「陰陰」を「隠隠」「蔭蔭」などと書きちがえない。

陰陰滅滅の解説 - 小学館 大辞泉

[ト・タル][文][形動タリ]暗く陰気で、気分がめいるさま。「陰陰滅滅たる鐘の音」

[元気・健康を表す/元気がない]カテゴリの四字熟語

キーワード[暗い]の四字熟語