中国、明の王陽明が唱えた儒学説。形骸化した朱子学の批判から出発し、時代に適応した実践倫理を説いた。心即理 (しんそくり) 知行合一 (ちこうごういつ) 致良知 (ちりょうち) の説を主要な思想とする。日本では、江戸時代に中江藤樹によって初めて講説された。