• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[形ク]

  1. 影や曇りがない。隠れるところがない。

    1. 「月は―・きをのみ見るものかは」〈徒然・一三七〉

  1. 隠し隔てがない。わだかまりがない。

    1. 「好色事 (すきごと) ども、かたみに―・く言ひ表し給ふ」〈・葵〉

  1. 行き届かないところがない。抜かりがない。万事に通じている。

    1. 「おのれも―・き好き心にて、いみじく謀 (たばか) り」〈・夕顔〉