• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名]
  1. 上がり段。きざはし。階段。

  1. 多層の建物の一つの層。「受付は2階にある」

  1. 地質年代による地層区分の最小の単位。年代区分の「」に対応し、「」を細分したもの。

  1. 数学で、微分方程式に含まれる未知関数の導関数の最高次数。

[接尾]助数詞。
  1. 建築物の層を数えるのに用いる。「35階建てのビル」

  1. 位階の等級を数えるのに用いる。

    1. 「一―こえて、内侍督 (ないしのかみ) 三位の加階し給ふ」〈宇津保・蔵開下〉

[地学/地球・自然]カテゴリの言葉

[数学/数学の言葉]カテゴリの言葉