• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鎌倉時代の絵巻。1巻。平安末期および鎌倉中期の随身の騎馬または徒歩の姿を描いたもの。彩色をほとんど施さない白描画形式で似絵 (にせえ) の手法を用いている。一部は藤原信実の手になるとされる。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作品]カテゴリの言葉