隔靴掻痒の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

かゆいところに手が届かないように、はがゆくもどかしいこと。思うようにいかず、じれったいこと。物事の核心や急所に触れず、もどかしいこと。靴を隔てて痒いところをかく意から。▽「掻」はかく、ひっかく。「痒」はかゆい。「痒」は「癢」とも書く。「靴くつを隔へだてて痒かゆきを掻く」と訓読する。
出典
『景徳伝灯録けいとくでんとうろく』二二
句例
隔靴掻痒の感がある
用例
外国事情を知る方法として、まず外国語に通じるのが手取りばやい手段だが、なお隔靴掻痒の感をまぬがれない。<唐木順三・象山と松陰>
類語
隔靴之掻かっかのそう 隔靴爬痒かっかはよう 掉棒打星とうぼうだせい
対義語
麻姑掻痒まこそうよう

隔靴掻痒の解説 - 小学館 大辞泉

《「無門関」序から。靴の上から足のかゆいところをかく、の意》思うようにならないで、もどかしいこと。核心にふれないで、はがゆいこと。「隔靴掻痒の感」

出典:青空文庫