• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

隔靴搔痒の解説 - 学研 四字辞典熟語

物事が思うようにならず、もどかしいこと。また、物事の核心や急所に触れることができずに、はがゆくじれったいこと。
注記
「隔靴」は、靴を隔ててその上から。「搔痒」は、かゆいところをかく。靴の上からかゆいところをかくという意から。出典の「棒ぼうを掉ふるいて月つきを討ち、靴くつを隔へだてて、痒かゆきを搔くは、甚はなはだしき交渉こうしょうり」による。
出典
『景徳伝灯録けいとくでんとうろく』二二
対義語
麻姑搔痒まこそうよう