• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「ぎわ」の形で、他の語と複合しても用いる》

  1. あと少しで別のものになろうとするぎりぎりのところ。境目。また、物の端。「がけの際から見下ろす」「生え際」「波打ち際」

  1. ある物にきわめて接近した所。すぐそば。「戸口の際に置く」「壁際」「山際」「窓際」

  1. 物事がそうなろうとするまさにそのとき。「今わの際」「入り際」「死に際」「往生際」

  1. 物事の窮まるところ。限界。際限。

    1. 「世に悲しきことの―にはおぼえ侍りしを」〈・柏木〉

  1. 身分。家柄。分際。

    1. 「いとやむごとなき―にはあらぬが」〈・桐壺〉

  1. 才能・器量などの程度。

    1. 「取る方なく口惜しき―と、優なりとおぼゆばかりすぐれたるとは、数ひとしくこそ侍らめ」〈・帚木〉

  1. 物事の程度。ほどあい。

    1. 「はしたなき―に熱かりければ」〈大鏡・道長下〉

  1. 江戸時代、年末・節季の決算期。

    1. 「―の日和 (ひより) に雪の気づかひ/惟然」〈続猿蓑