• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

障子を立てた出入り口。

「女君は、ただこの―、筋かひたるほどにぞ臥 (ふ) したるべき」〈・帚木〉