• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 表は質素に、裏はぜいたくに仕立てた衣装。江戸時代、天和3年(1683)の衣装法度が出てからの風 (ふう) で、隠し紋・隠し裏などがある。

  1. 遊里に行くときなどに、よそに預けておいて途中で着替える衣装。

    1. 「恋の中の中の中宿より―の物好き」〈浮・俗つれづれ〉