• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

和歌・連歌・俳諧で、題の詞 (ことば) を表面に出さないで句の中に詠み込むこと。例えば、「きりぎりす」という題を、「秋は霧霧すぎぬれば雪降りて晴るるまもなき深山辺の里」〈千載・雑下〉とよみこむ類。物名 (もののな・ぶつめい) 。籠 (こ) め題。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉