• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[枕]隠れて見えない沼の意から、「下」にかかる。
  • 「―下に恋ふれば飽き足 (だ) らず」〈・二七一九〉