[動ラ下一][文]かく・る[ラ下二]
  1. 物の陰になったり、さえぎられたりして見えなくなる。「月が雲間に―・れる」

  1. 身を人目につかないようにする。「物陰に―・れる」「親に―・れてたばこを吸う」

  1. 表面・外部から見えないところに存在する。ひそむ。「事件の裏に―・れた謎がある」

  1. (ふつう、「隠れた」の形で)世間に名前や力が知られないでいる。また、官職につかないで民間にいる。「―・れた人材を発掘する」「―・れた功績」

  1. 世をのがれて、ひそむ。隠遁 (いんとん) する。「山に―・れる」

  1. 高貴な人が死ぬ。現代ではふつう「お隠れになる」の形を使う。→おかくれ

    1. 「後二条関白殿…御年三十八にて遂に―・れさせ給ひぬ」〈平家・一〉

出典:gooニュース

出典:青空文庫