• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

禁令に反して秘かに浄土真宗(一向宗)の信仰を守った信者。また、その集団。薩摩藩では慶長2年(1597)から明治9年(1876)まで続き、信者は厳しく弾圧されたという。禁教の理由として、一向一揆にみられる信者の結束の強さ、身分制度を否定する教義などが考えられている。隠れ門徒。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉