• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《連語「かくらう」の音変化》

[動ハ四]隠れている。
    1. 「昨日今日雲のたちまひ―・ふは花の林を憂しとなりけり」〈伊勢・六七〉

[動ハ下二]
  1. に同じ。

    1. 「いとどうち忍び―・へ給ひしほど」〈夜の寝覚・五〉

  1. 表立たないでいる。

    1. 「さだ過ぎぬるを功にてぞ―・ふる」〈紫式部日記