[名・形動]

  1. 人に悟られないように隠して事を行うこと。また、そのさま。いんみつ。「隠密に事を運ぶ」

  1. 戦国時代から近世にかけて、情報活動に従った下級武士。幕府や各藩に属し、スパイ活動を行った。間者 (かんじゃ) 。忍びの者。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉

出典:青空文庫