• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. はっきりと見分けがたいこと。

    1. 「―の中 (うち) 天理働く至妙の象 (しょう) をも朧気 (おぼろげ) ながら覗 (かいま) 見得て」〈露伴・いさなとり〉

  1. 言葉は簡単でも意味が奥深いこと。また、あからさまに表現しないこと。

    1. 「しかし『コロンバ』は―の間 (かん) に彼自身を語ってはいないであろうか」〈芥川・侏儒の言葉〉