1. 膜翅 (まくし) 目スズメバチ科の昆虫。日本最大のハチで、体長は女王バチが約4センチ、働きバチが約2.5センチ。体は黒と黄褐色の縞模様。腹部に毒針をもち、攻撃的で、毒は猛毒。巣は土中、樹木の空洞などに作られ、木材をかみ、つばで練ったパルプ状の壁のある球状で、直径約40センチ。ふつう樹液に集まるが、時にミツバチを襲うことがある。巣は漢方で露蜂房 (ろほうぼう) といい、薬用。くまんばち。ホーネット。 春》

  1. スズメバチ科の昆虫の総称。クロスズメバチなど。

[生物/動物名]カテゴリの言葉

[春/動物]の季語