• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

青森県津軽の外ヶ浜付近で、海辺に打ち寄せられた木片をたいて風呂をたてる風習。秋の末に渡ってくるが、海上で羽を休めるための木を海辺に落としておき、春に再びくわえて帰るといわれ、残った木片は死んだ雁のものであるとして、供養のために諸人を入浴させたという。雁供養。 春》「―や笠に衣ぬぐ旅の僧/蛇笏