1. 古代の中国で、庶民的な俗楽に対し、貴族的な雅正な楽。宮廷の儀式、祭祀 (さいし) などに用いられ、12世紀初めに朝鮮半島にも伝わった。

  1. 奈良・平安時代に完成し、宮廷・寺社などで行われた音楽。また、それによる舞。1を輸入したものとそれを模したもの(唐楽高麗楽 (こまがく) など)、外国渡来の楽器を伴奏とする新しい声楽曲(催馬楽 (さいばら) 朗詠など)、日本固有の歌舞(神楽東遊 (あずまあそ) びなど)の三つに大別される。

出典:青空文庫