• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

天つ神の命を受けて葦原 (あしはら) の中つ国に降 (くだ) った天若日子 (あめのわかひこ) が帰ってこないので、キジを遣わしたところ、天若日子はこれを射殺してしまったという古事記の故事から》行ったきりで戻ってこない使い。一説に、副使をつけないでたった一人だけ使いをやることを忌んでいう言葉。