イネ科の植物。川岸や海辺などに繁茂し、高さ3~6メートル。地下茎が横に走り、葉は披針形で手のひら状につく。竹の子は初夏に出て、伸びても皮は脱落せず、茎は黄白色になる。茎を細工物に使用。なよたけ。おなごだけ。しのたけ。

出典:青空文庫