• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

奈良・平安時代、官舎修理料・公奴婢食料・救急料などにあてるため、諸郡の正倉に分置されていた官稲。雑稲 (ざっとう) 。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉