• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

世阿弥の能楽論で、演者が、自分をはなれ観客の立場で自分の姿を見ること。自分の演技について客観的な視点をもつことをいう。離見。

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉

[慣用句・ことわざ]カテゴリの言葉