• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
上代、難波江にあった港。また、大阪港の古名。[歌枕]
    1. 「千鳥鳴くふけひの潟を見渡せば月影さびし―の浦」〈聞書集〉

  1. 王仁 (わに) が詠んだという「難波津に咲くやこの花冬ごもり今を春べと咲くやこの花」の和歌。幼児の手習いの最初に習わせた。難波津の歌。

    1. 「―をだに、はかばかしう続け侍らざめれば」〈・若紫〉

  1. 和歌の道。和歌。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉

[地理/日本地名/近畿]カテゴリの言葉