[名・形動](スル)
  1. 物事の処置や進行がむずかしくてすらすらいかないこと。また、そのさま。「交渉は―している」

    1. 「風俗史を編成すること頗る―なる業なるのみか」〈逍遥小説神髄

  1. 困ること。もてあますこと。また、そのさま。「泥道を歩くのに―する」

    1. 「脚に―な腫物があった」〈鏡花高野聖

  1. 生活が苦しいこと。貧乏なこと。「不景気で暮らし向きが―する」

    1. 「徒に有産の輩を覆して無産の―に陥れたるに似たれども」〈福沢文明論之概略

  1. 人に金品を与えたり、貸したりするのを惜しむこと。

    1. 「主俄に欲念おこって、ほうびの金を―せしめんがため」〈仮・伊曽保・上〉

出典:青空文庫