• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

雨奇晴好の解説 - 学研 四字辞典熟語

雨奇晴好の解説 - 小学館 大辞泉

蘇軾「飲湖上初晴後雨」の「水光瀲灔 (れんえん) として晴れて方 (まさ) に好し、山色空濛 (くうもう) として雨も亦 (また) 奇なり」から》晴れても雨でも、それぞれによい景色で、趣のあること。晴好雨奇。