《「あまがわ」とも》

  1. 牛車 (ぎっしゃ) 輿 (こし) などの雨覆い。表は練り絹で油をひき、裏は生絹 (すずし) 公卿以上に用いた。

  1. 桐油 (とうゆ) をひいた厚紙で作った雨具。山伏などが着用した。