雪の多い地方。 冬》

川端康成の小説。昭和10~12年(1935~1937)、さらに昭和22年(1947)発表。雪国の温泉町を舞台に、無為徒食の男島村と芸者駒子との交情を通し、人間の宿命的な生の悲しみを描いた叙情的作品。

出典:青空文庫

出典:gooニュース