1. の中で水蒸気昇華し、成長した氷の結晶となって降ってくる白いもの。また、それが降り積もったもの。結晶は六方対称形が多いが、気温や水蒸気の量により形はいろいろ変わる。 冬》「宿かさぬ灯影 (ほかげ) や―の家つづき/蕪村

  1. 白いものをたとえていう。→雪の肌

  1. 特に、白髪にたとえていう。「頭 (かしら) に雪を戴 (いただ) く」

  1. 芝居などで、雪に見立てて降らせる白紙の小片。

  1. 紋所の名。1の結晶を図案化したもの。

  1. 《「鱈 (たら) 」の字の旁 (つくり) から》タラをいう女房詞

  1. カブ、また、ダイコンをいう女房詞。

地歌・箏曲 (そうきょく) 。流石庵羽積 (りゅうせきあんはずみ) 作詞、峰崎勾当 (みねざきこうとう) 作曲。天明・寛政(1781~1801)ごろ成立。曲中の合 (あい) の手は「雪の手」とよばれ、雪を象徴するものとして、後世の邦楽にも流用されている。地唄舞の代表曲。
謡曲。三番目物金剛流。旅僧が摂津の野田の里で雪の晴れるのを待っていると、雪の精が現れて僧に読経を頼み、舞をまう。