• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「くものはだて」とも》

  1. 雲の果て。空の果て。

    1. 「都をば天つ空とも聞かざりき何眺むらむ―を」〈新古今・羇旅〉

  1. 《「はたて」を「旗手」の意に解して》雲のたなびくさまを旗がなびくのに見立てていう語。

    1. 「吹く風に―はとどむともいかが頼まむ人の心は」〈拾遺・恋四〉

[補説]書名別項。→雲の涯 (はたて)