• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 重なっている雲を波にたとえていう語。

    1. 「天 (あめ) の海に―立ち月の舟星の林に漕ぎ隠る見ゆ」〈・一〇六八〉

  1. 立ち重なっている波を雲にたとえていう語。

    1. 「―煙の波の立ちへだて相見んことのかたくもあるかな」〈続古今・離別〉