• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

雲中白鶴の解説 - 学研 四字辞典熟語

世俗を超越した高尚な境地にいる人。高潔な人。
注記
「雲」は、白雲のこと。世俗から脱した、高尚で潔白な境地のたとえ。
出典
『魏志ぎし』邴原へいげん・注
用例
かれは未だ二十二歳の筈はずであるが、その、本郷の下宿屋の一室に於いて、端然と正座し、囲碁の独ひとり稽古にふけっている有様を望見するに、どこやら雲中白鶴の趣さえ感ぜられる。〈太宰治・令嬢アユ〉

キーワード[人物]の四字熟語