天の雲と地の泥。二つの間に大きな差違のあるたとえ。「雲泥の開き」

「源平いづれ勝劣無かりしかども、今は―交はりを隔てて」〈平家・四〉