• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平行した蛇行曲線の中に雲の形を描いた文様。親王または摂政・関白の袍 (ほう) や指貫 (さしぬき) 、女子の袿 (うちき) などの文様に用いられた。くもたちわき。