スズメ目ヒバリ科の鳥。全長17センチくらい。体は褐色の地に黒い斑があり、頭に短い冠羽をもつ。日本では留鳥漂鳥として河原・畑などにすみ、春になると空高く舞い上がりながら、ピーチュク、チルルなど長くて複雑な節回しでさえずる。告天子 (こくてんし) 。 春》「―より空にやすらふ峠哉/芭蕉

[補説]作品名別項。→雲雀
《原題、(ドイツ)Lerchenハイドンの弦楽四重奏曲第67番ニ長調の通称。1790年作曲。全4楽章。通称は、第1楽章にひばりのさえずりに似た旋律が用いられることに由来する。
(フランス)L'Alouette》フランスの劇作家、アヌイの戯曲。ジャンヌ=ダルク裁判を題材とする。1953年、パリで初演。

出典:青空文庫