• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

雲雨巫山の解説 - 学研 四字熟語辞典

男女の交わり。また、密会のこと。
注記
「巫山」は、中国湖北省漢川県の南、雲夢沢うんぼうたくの中にあった、神女が住んでいたとされる山。「巫山雲雨ふざんうんう」ともいう。
故事
中国戦国時代、楚の懐王かいおうが高唐こうとう(高殿の名)で昼寝をしていたところ、夢の中で巫山の神女と情を交わした。そして、別れるとき神女が、「朝には雲となり、夕べには雨となってここにまいりましょう」と言ったという。
出典
『文選もんぜん』宋玉そうぎょく「高唐賦こうとうの
類語
楚夢雨雲そむううん