1. 空気中の水分が凝結して、微細な水滴や氷晶の群れとなり、空中に浮かんでいるもの。高度や形状によって種類を分ける。→雲級

    1. ㋐確かでない形・行動・所在などのたとえ。→雲を掴 (つか) む

    2. ㋑きわめて高い所や遠い場所、また、そうした地位・身分のたとえ。「雲の上の人」

    3. ㋒一面にたなびいたり、広がってかすんだりしているもののたとえ。「花の雲」

    4. ㋓すっきりしない気持ち・表情などのたとえ。

      「身をさらぬ心の月に―はれていつかまことのかげも見るべき」〈新後撰・釈教〉

    5. ㋔火葬の煙のたとえ。

      「あはれ君いかなる野辺の煙にて空しき空の―となりけむ」〈新古今・哀傷〉

  1. 紋所の名。浮雲をかたどったもの。

[補説]劇団名・書名別項。→
日本の新劇の劇団。主宰は劇作家・評論家の福田恆存。昭和38年(1963)、文学座を集団脱退した芥川比呂志ら約30名の劇団員が現代演劇協会を設立し、その附属劇団として同時に創設された。同年3月、福田の翻訳・演出によるシェークスピア「真夏の夜の夢」の公演で旗上げ。昭和51年(1976)解散。
山村暮鳥による詩集。著者没後の大正14年(1925)に刊行された。