[動サ五(四)]

  1. 容器を、うっかりひっくり返したり傾けたりして、中に入っている物を外に出してしまう。また、液体、粉末、粒状のものを容器などからあふれさせたり、物の間から漏らしたりして外へとり落とす。「水を―・す」「御飯を―・す」「あせって返球を―・してしまう」

  1. 涙などを不覚にも落とす。「思わず涙を―・す」「よだれを―・す」

  1. うれしさなどの感情を表に出す。「笑みを―・す」

  1. 不満や泣き言などを胸に収めておけないでつい人に言ってしまう。ぶつぶつ言って訴える。「愚痴を―・す」「仕事がつまらないと―・す」

  1. すきまから外へはみ出るようにする。見えるようにする。

    1. 「色々の衣 (きぬ) ども―・し出でたる人の」〈・七六〉

[可能]こぼせる

出典:青空文庫