• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[動ラ五(四)]

  1. こぼれそうになる。「コップの水が―・るほど、ひどく揺れた」

  1. 髪などが垂れかかる。

    1. 「御額の髪、ゆらゆらと―・り給へる」〈狭衣・一〉

  1. こぼれ落ちて、物にふりかかる。

    1. 「御顔にはらはらと―・りける御泪 (なみだ) を」〈太平記・一二〉