• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

零丁孤苦の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

落ちぶれ貧窮して、周囲に助ける者もなく、孤独なこと。苦しい生活を送ること。▽「零丁」は落ちぶれて孤独なこと。「孤苦」は身寄りがなく、たいへん貧しいこと。中国晋しんの李密りみつが武帝から召されたとき、任官を辞退したい旨を上表した文の中の語。「孤苦零丁こくれいてい」ともいう。
出典
李密りみつ「陳情表ちんじょうひょう
用例
それを昇は、官途を離れて零丁孤苦、みすぼらしい身になったといって、文三を見くびって、失敬にも無礼にも、復職ができたらこの上がなかろうといった。<二葉亭四迷・浮雲>
故事
李密は病に臥せる祖母を、日夜帯も解かずに看病していて、「私は不幸な運命に生まれ、幼くして孤児になり祖母の手によって育ちましたが、幼いころから病弱で、九歳になっても出歩くことができず、零丁孤苦して成人しました」と言ったという故事から。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。