• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

雷騰雲奔の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

現れたかと思うと、すぐに去ってしまうたとえ。また、わずかな間もとどまることなく、かなたへ過ぎ去っていくたとえ。雷が鳴り響き、雲が急速に流れる意から。▽「雷騰」は雷がわき起こること。「雲奔」は雲が流れ去ること。「奔」は走る意。
出典
柳宗元りゅうそうげん「興州江運記こうしゅうこううんき